職場に強盗が入りました

Gandhi(ガンディー)@南米エクアドルのコーヒー農園です。

 

この間、職場に強盗が入りました。

犯人はバイクに乗ってやってきて、同僚の一人に拳銃を突き付けた。

被害額は4000ドルほど。

エクアドル人にとって、かなりの大金。

生産者からコーヒーの実を買い取るために用意していた現金。

農家のみなさんの都合を考えて、銀行振り込みにしていなかったのが仇となった。 (農地から銀行までは2時間かかります)

 

その日、僕はたまたま別の場所にいましたが、次の日行くはずだった場所。

もし遭遇していたら、少なくともスマホは盗られてたでしょうね。。

 

幸いけが人はいませんでしたが、その場に居合わせた同僚はかなりの精神的なダメージを受けていました。

 

山の奥でアクセスが悪く、住民はみんな顔見知り。

犯罪なんて起きるわけないと思っていた。

 

しかし、犯人は職場にお金がある事を嗅ぎつけて、村の外からやってきた。

途上国の現実を突きつけられたみたいで、なんだか悲しい。

 

ド田舎でこんな犯罪が起きるなら、街とかどんだけ危ないんだ。。

みなさん、安全には十分気をつけましょう。

 

青年海外協力隊は、今日も危険と隣り合わせに頑張っています。

コメントを残す